バナー

FX会社に預けたお金は信託保全される

FX会社は銀行と違い、客から預かったお金を企業や個人に融資して利益を得るということはしていないので、多額の融資をして貸し倒れになってしまい、経営が危険に陥るということはありません。ただ、口座数、取引数が少なければ利益が出ないので、経営不振になることはあります。


では、もしFX会社の口座にお金が入っている状態で倒産してしまった場合はどうなるのでしょうか。

こういったケースで重要なのは、会社の資産と客の預入金を別にするということです。

というのは、客の預入金はあくまでも客の資産であり、それをFX会社が自社の資産として扱っていたら、倒産した時点で客に返すお金がないということになってしまうからです。



なので、FX会社は信託保全というシステムを使って、客の預入金を自社とはまったく別の銀行に預けています。

そうしておけば、もし倒産してしまった場合でも、客の預入金が減ることはなく、全額返金が可能になるからです。

リクナビNEXT JOURNALのことならお任せください。

もちろん、信託保全を行っている銀行も一緒に破綻してしまうという可能性もゼロとはいえませんが、その可能性は限りなく低いので安全といっていいでしょう。

信託保全のシステムは国内すべてのFX会社が導入しているので、基本的にどの会社に口座を開設してお金を預けて入れても安全ということになります。

ただ、やはり倒産してしまうと、預入金の全額返還は多少の時間がかかるので、口座を開設する場合は経営が安定しているところを選ぶようにしましょう。